エクオールサプリ 命の母

更年期障害に命の母は効かない?

 

40代の女性で気になる所!それはこれから徐々に老いを体感して、更年期を迎えなければならない現実です(泣)。

 

40代の女性は、まだまだ社会的にも地位が高いでしょうし、体力もいります。それに、働いていない専業主婦であっても家庭を守るために家族のためにも健康は維持していかなければなりませんよね。

 

最近では、更年期の前に“プチ“という言葉が付いて30代後半からの女性を分類しています。30代なのになんで?と私的にはちょっと嫌かなと思うのですが、、、

 

その更年期の症状を緩和してくれる医薬品と言えば、CMでお馴染みの小林製薬「命の母」シリーズではないでしょうか?しかも、プチ更年期用に「命の母 ホワイト」という商品まで発売されているのには、驚きました!!

 

でもこの「命の母」が最近の噂だと、あまり効かないと聞いたんです。なぜそんな情報が舞い込んできたのでしょうか?

 

小林製薬の「命の母」は、ホルモンバランスの急変や自律神経がくるってしまうことで起きる症状(更年期障害)を緩和するための市販薬です。

 

また、命の母を服用したからと言って、更年期障害事態には効かないんです。

 

命の母は、更年期障害から発生する自律神経失調症に対応する為のお薬と覚えておく方が良いかもしれません。

 

更年期障害そのものは、女性ホルモンの減少なので、本来ならば専門医に相談し治療しなければなりません。しかし自律神経を整えるという意味では「命の母」を服用することで改善されるので、表面状(ホットフラッシュ、ほてり、肩こり、頭痛などの症状)は効くという事になるのです。

 

効き目も、更年期障害次第なので人により様々だと言われています。

 

まとめると、「命の母」は更年期障害に効くのではなく、更年期障害によって起こる自律神経失調症の改善に適しているということなのです。